【ゼロウェイスト】飲み物編

世界のあらゆるところでプラスチック問題について取り上げられています。きれいなビーチがプラスチックのゴミで溢れている写真や映像などを見ると、ゴミを減らすことが重要なのを感じます。特にプラスチックは自然に分解されるまでに500年近くかかると言われています。それがプラスチックのゴミが問題視されている一番の理由です。

Source: https://www.greenpeace.org/international/story/15882/every-minute-of-every-day-the-equivalent-of-one-truckload-of-plastic-enters-the-sea/

プラスチックは私たちの身の回りにたくさんあります。もうプラスチックを使わない日はないくらい、生活の一部となっています。今の社会ではプラスチックをすべて排除して生活するのは難しいですが、自分でできることがないか考えました。そこで、まずは一度使って捨ててしまうプラスチックをなるべく使わないようにしようと思いました。

ここでは、よくお店で売っているプラスチックのボトルの代わりになるものを考えてみました。

プラスチックのボトル

プラスチックのボトルは軽くて、飲み物などの水分を入れても重たくならないので便利です。しかし一回飲んだら捨てるので、毎日大量のゴミが出ます。その消費量は世界中で1分に100万本と言われています。回収されなかったプラスチックのボトルは海に流れて、海を汚染しています。

マイボトルを使う

プラスチックの飲み物を買わないようにするには、マイボトルを持参するのが一番だと思います。マイボトルを使えば、自分の家で作ったお茶を入れたり、シンプルに水を入れたりできるので経済的。しかも、砂糖が大量に入った飲料を飲まなくなるので、ダイエット効果もあります。

 

タイガー 水筒 ステンレスボトル MMZ-A601 サハラ マグ 600ml 軽量 保温 保冷 丸洗い なめらか

価格:1,922円
(2019/5/28 14:44時点)
感想(81件)

ステンレスボトルはあたたかい飲み物も冷たい飲み物も入れられるので、とっても便利です。

ハイドロフラスク Hydro Flask 21 oz Standard Mouth ステンレスボトル(621ml)【送料無料】[21オンス スタンダードマウス マグボトル マイボトル ドリンクボトル 水筒 直飲み 保温 保冷 魔法瓶 二重壁真空断熱技術 ギフト プレゼント ハワイ]【ポイント10倍】

価格:4,644円
(2019/5/28 14:44時点)
感想(28件)

フラスク式はたくさん入るので、遠くに出かけるときに便利ですね。

水筒 キャプテンスタッグ HDボトル ステンレス 直飲み 真空二重構造 保温・保冷 1L ( ステンレス 直飲み 保温 保冷 直飲み水筒 ステンレス製 1リットル アウトドア おしゃれ ステンレスボトル スポーツ )【5000円以上送料無料】

価格:2,780円
(2019/5/28 14:45時点)
感想(10件)

このような形のステンレスボトルは海外でも人気なので、おしゃれに環境に優しくできますね。

フィルターボトルを使う

フィルターボトルはプラスチックでできているものが多いですが、毎回プラスチックのペットボトルを買うよりはゴミを減らすことができます。特にステンレスと比べて軽いのが、持ち運びに便利。あと、アウトドアなど水の質があまり良くないところでも水を汲んで飲むことができます。

私もフィルターボトルを毎日持ち歩いています。暑い夏にはとても便利です。

ブリタ BRITA フィルアンドゴー アクティブ fill&go Active ピンク (0.6L) BRITA Japan [浄水機能付き 浄水フィルター 携帯ボトル ウォーターフィルターボトル 浄水器 水筒 マイボトル 軽量 スポーツ アウトドア ブリタジャパン ]

価格:1,736円
(2019/5/28 14:49時点)
感想(0件)

こちらのボトルはスポーツなどに持っていくのにも便利ですね。

HARIO ハリオ フィルターインボトル 750ml(4~5人用)【赤 ペールグレー ペールグリーン ペールピンク 灰 桃 緑 ファミリーサイズ 大 耐熱ガラス】

価格:2,160円
(2019/5/28 14:50時点)
感想(5件)

お茶などを出せるボトルもあります。

缶やビンのドリンクを買う

徳島県の上勝町を知っていますか。そこは日本で唯一のゼロウェイストの町で、そこの理事長の坂野 晶さんがTEDでスピーチをしたときに、缶のドリンクはコンビニで唯一買えるとおっしゃっていました。

缶は何度でもリサイクルできるという利点があるので、ゴミにはなりません。あとはビンの飲み物もリサイクルできるものなので、お店でどうしても飲み物が飲みたいときは缶かビンに入っているものを買いましょう。ちゃんと、リサイクルのゴミ箱に捨てるのもお忘れなく。

 

毎日のちょっとした気遣いでゴミを減らす

本格的にゼロウェイストに取り組んでいる人をみると、本当にすごいなぁと思うのですが、同時に自分にはそこまでできないなぁという気になってしまいます。しかし、私たちがちょっと意識して行動を変えるだけでできることはたくさんあると思います。

1人1人がちょっとでも努力するようになるだけでも、環境への影響は減るし、もっと環境問題を考えたお店も増えると思います。ヨーロッパやアメリカなどでも環境問題を考えて買い物をしたいという消費者が増えているから、今はたくさんゼロウェイストを実施しているお店が増えていると思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 5 =