【ゼロウェイスト】どうやって家族の理解を得る?

最近、一人暮らしを始めました。一人で住んでいると、自分で何を買うか決められるので、これからもっとゼロウェイストに近づきたいと思っています。

一人暮らしを始める前は実家に住んでいたのですが、そのころからゼロウェイストを心がけていました。しかし、ゼロウェイストという観念のない親にはなかなか理解を得ることができませんでした。ゼロウェイストを意識して買い物をすることは大きな労力がかかりますし、便利ではないですので、便利なほうを選んでしまいます。

そして、やりたくない人にゼロウェイストな生活を押し付けるわけにはいけません。何かを押し付けられるとストレスになりますし、うまくいかないことが多いです。ゼロウェイストになることは、自分の意思で始めないとうまくいかないものです。

ここでは、家族に押し付けないでゼロウェイストを導入するヒントを書きたいと思います。

環境問題について話す

まず最初にできることは、環境問題について話すことです。どうしてゼロウェイストを始めようと思ったかなどを家族と話し合うことで、家族の理解も得られる可能性が高いです。家族はすぐにゼロウェイストな生活に変えることは無理でも、協力してくれるでしょう。

私もゼロウェイストを始めたとき、家族に環境問題やゴミ問題について話して、ゼロウェイストを始めることを言いました。家族も環境問題を意識するようになり、テレビのニュースで見た環境問題について話してくれるようになりました。

できるところから始める

家族がゼロウェイストをしていないと、ゴミの量は減らすことは難しいです。家族が買ってくるものからゴミが増えてしまって、なかなか結果が分かりません。しかし、自分でできるところからちょっとずつ始めるのが一番だと思います。

私の場合、プラスチックの容器に入っている納豆から、紙の容器に入った納豆に変えたり、ペットボトルの飲み物を買わないでマイボトルをいつも持参したり、小さいことからちょっとずつ生活を変えていきました。そうすると、家族もマイボトルを購入したり、紙の容器の納豆を買ったりするようになりました。ゼロウェイストを押し付けないで、家族も自分の意思で行動を変えてくれたので、小さいことでも始めるのはいいことだと思います。

ごみを減らすグッツを買う

家族は自分からゼロウェイストになろうとは思わないかもしれませんが、ゼロウェイストにできる物があれば、新しいものを買わないで、それを使ってくれます。もし、ゼロウェイスト・グッツで便利なものがあったら、買ってしまいましょう。

家では、掃除はたいていプラスチックのスポンジを使っていました。スポンジはすぐダメになるのでゴミになっていました。そこで、この木製のブラシを購入しました。

 

\MAX46倍★スーパーセール期間中/キッチンブラシ キッチン用品 【あす楽14時まで】レデッカー ウォッシングブラシ ≪Mサイズ≫ (食器用) REDECKER WASHING BRUSH SOFT DISH BRUSHドイツ 台所 掃除 掃除用品 大掃除 コットン

価格:702円
(2019/9/7 12:40時点)
感想(1件)

キッチンのスポンジとお風呂掃除のスポンジをこのブラシに変えたら、家族は喜んで使ってくれました!ブラシはスポンジに比べて、長い間使えるし、木と動物の毛でできているので、プラスチックのゴミが出ません。

食器洗い用には、びわこふきんも買いました。

ネコポス可!びわこふきん 選べるお色【生成か白】ご購入時に選択してください

価格:648円
(2019/9/7 12:43時点)
感想(36件)

びわこふきんも洗って何回も使えるので、とても経済的だし、ゴミを出しません。

このようにゴミを減らすための便利なグッツを買うと、家族もちょっとずつゼロウェイストに協力してくれるようになります。

最後に

家族と住んでいると、なかなか思い通りにゼロウェイストな生活をすることはできません。家族全員の協力を得るのは、とても難しいように思えます。今までの便利な生活に慣れてしまうと、ちょっと不便でも環境に優しい生活に変えるのは簡単ではありません。

でも、ちょっとずつ生活を変えることによって、家族も試してみようと思ってくれるかもしれません。そのように努力をしてくれる家族に感謝しながら、自分のペースでゼロウェイスト運動をするのが一番だと思います。

日本ではまだゼロウェイストに対応したお店が少なく、ゼロウェイストは簡単にできることではありません。これから、もっと消費者の視点が変わって、ゼロウェイストの商品が増えることを願っています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + one =